すすめ!EV!

電気自動車を利用した生活のすすめです

太陽光でEV充電

休日の日中は、太陽光発電システムで発電した電気を直接EVのリーフに充電出来るから、電気代がかかりません♪

上の写真はHEMSシステムの液晶パネルですが、現在、5kのソーラーパネルで3.8kw発電していて、リーフの充電に2.95KW消費しているという表示です。


今日は、V2Hの業者さんが見積りに来てくれます。

EKクロスEV購入♪

先週の土曜日に三菱自動車のディーラーに行き、EKクロスEVを注文してきました。

色は、オークブラウンメタリックとナチュラルアイボリーメタリックの2トンです。

有料色なので、82,500円の追加となります。

グレードはPを選んだので、ホイールは

アルミホイールとなります。

後付けできないメーカーオプションとしては

ルーフレールと

白を基調としたレザー調のシートカバーや同色のダッシュボードになる「プレミアムインテリア」を選択しました。55,000円

 

それと、見た目の変化はありませんが、

①マイパイロットパーキング

②マイパイロット

③デジタルルームミラー

④マルチアラウンドモニター

がセットになった「先進安全快適パッケージ」165,000円

も追加しました。

総額3380,000円です。

補助金550,000円出るとはいえ、決して安い買い物ではありません。

しかし、蓄電池を兼ねる予定なのでそれほど高い買い物でもないのです♪

 

でも、納車は来年の3月ごろになりそうなのでその間の足が必要になりました(^_^;)

トヨタ C+pod(シーポッド)

2020年に法人向けに発売されたから対象外だと思っていたのですが、現在は個人も購入できるようなので調べてみました。。

 

軽⾃動⾞の⼀種「超⼩型モビリティ」に区分され、2人乗りです。

 

 

 

 

 法定速度 超⼩型モビリティの法定最⾼速度は60km/hなので、⾼速道路・⾃動⾞専⽤道路は⾛⾏ 不可能です。

かなり小さいので、小回りがききます。

小回りが利いて、荷室も結構ありそうなので買い物には便利そうですね。

運転席はシンプルです。

バッテリー容量は9.06Kwhしかありませんが、800Kgという軽い車重のおかげで航続距離は150kmあります。

 

 

価格は、いずれも税込みで、グレード『X』が165万円、『G』が171万6000円ですが、現在はまだリース契約のみのようで、リース期間が5年間で、3万7000円~4万円くらいとのことでした。

 

定期点検や車検費用などが含まれています。が、 これは高いですね。

仮に3万7000円で5年間だと、約222万円になります。車両本体価格が165万円からなので、それよりも高くなります。

 

トヨタさん...

 

馬鹿なの?って感じですね。。。

FIAT 500e (チンクエチェントイー)

ボディサイズは3630×1685×1530mm(全長×全幅×全高)

ホイールベースは2320mm

パワーユニットは118馬力・220Nm

リチウムイオンバッテリー 42kWh(24kWh)

航続可能距離 最大335km(190km

 

可愛らしいボディでありながら、日産リーフ並みの航続距離が凄いです。

 

フロントマスクの500が面白いです。

ほっぺの赤もくまもんみたいで可愛いですね。

ドアが観音開きの珍しいモデルも有ります。

レッドエディションというモデルも有りますが、ドイツからの並行輸入になるようです

税込み5,156,981円は...高いなーー。。。

 

あまり高いと、EVのメリットが消し飛んじゃいますよ...

 

日産サクラ デビュー!

アイアンマンを思わせるような、近未来デザインとでも言いましょうか。

デザインは、先行するEVの『アリア』と共通のモチーフを用いていて、EVらしさを前面に出したようです。

 

では、日産さくらのスペックです。

 

全長×全幅×全高 3395mm×1475mm×1655mm

車両重量 1070kg

最高出力 47kW

最大トルク 195N・m

(EVの特徴でもある図太いトルクは、ガソリン車の2Lクラスに匹敵します。)

バッテリー容量 20kWh

一充電航続距離 180km(WLTC)

 

 

リーフよりも進化したのは、バッテリーの劣化に最も悪影響が有る熱を軽減するための冷却システムが導入されたことです。

EVなので、シフトノブが目立ちませんね。

高級感とまではありませんが、しっかりとした造りのようです。

 

軽自動車と言えば、エンジン音がうるさかったり、走行音も気になりがちですがサクラはモーター音は静かだし、遮音性も高めているそうです。

 

また、EV特有の気持ちの良い加速感もさることながら、低重心がもたらすコーナーリング性能も良いようです。

軽自動車のEV発表

いよいよ今年の夏から発売されます!

日産サクラと三菱eKクロスEVの2車種ですが、三菱eKクロスEVの方がカッコよいのでこちらの写真を使います。

 

金額は、

サクラ
X:239万9100円
G:294万0300円
eK クロスEV
G:239万8000円
P:293万2600円
というのが車両価格ですが
国のCEV補助金が55万円出るので約185万円から購入できます。

駆動用バッテリーの容量は20kWh、リーフと同じくエンビジョンAESC製造のリチウムイオン電池が採用されました。

 

カタログデータの航続距離は180kmなので、実質160km程でしょう。

私のAZE0リーフが新品時24kWhのバッテリーでしたが、現在80%ほどの充電容量に劣化しているため充電容量は19kWhくらいで、140km弱走行できます。

 

車重が違うので軽のボディなら160kmは走ると思います。

 

実際にEVで通勤している私がお勧めするのは、自宅持ちで太陽光発電をしている家庭です。乗り換えないのはもったいないですよ!

 

太陽さえ出ていれば燃料代はタダですからね(^^♪

 

EVのストレスない加速も試乗で体験してみると良いと思います。

 

DOHCターボの強烈な加速は別として、半端なガソリン車には戻れなくなりますよ♪